伊勢山皇大神宮創建150年記念事業みなとみらい神輿渡御

明治3年。横浜総鎮守たる当宮の創建に際して、日本一といわれた盛大な祝祭が執り行われました。
技巧の粋を凝らした見事な人形山車が町を練り歩き、豪華絢爛な衣装をまとった娘たちが華麗に舞い踊る・・・
時の外務卿・副島種臣や大隈重信らを驚かせたと伝わるこの祝祭は、
国際港都横浜の繁栄、そして伊勢山皇大神宮の創建を世に知らしめたのです。
この時より、横浜港は「金港」、伊勢山皇大神宮は「関東のお伊勢さま」と謳われてきました。

そして令和2年。伊勢山皇大神宮の創建150年を奉祝し、初夏のみなとみらいに、再び盛大な祝祭の幕が開きます。
かつての祝祭は、当時の横浜を象徴する開港場を中心に行われました。
令和の祝祭では、現在の横浜を象徴するウォーターフロントの新都心みなとみらいが舞台となります。
ご祭神である太陽の女神「天照皇大神」さまが鳳輦(鳳凰の飾りある特別なお神輿)にお乗りになり、みなとみらいを巡行されるのです。

ハマッ子の守り神、横浜総鎮守の記念すべき年の祝祭を、横浜市民の皆さまにも、
こぞってお祝い戴くことが叶えば、伊勢山皇大神宮の大神さまのご神威は更に高まり、
この横浜の地を永久にお守りお導き下さることでしょう。

期日 令和2年5月17日(日)
時間 午前8時30分より午後0時頃まで
開催場所 伊勢山皇大神宮より臨港パークまで
(伊勢山皇大神宮~紅葉坂~さくら通り~けやき通り~臨港パーク)
協賛 山田屋 ㈱伊藤園 ハニーミルク㈱