奉賛会のご案内

伊勢山皇大神宮奉賛会は、当宮崇敬者の組織です。
伊勢山の大神さまへの崇敬、会員間の親睦、また研修研鑽を目的として活動しています。
初代の総裁は、明治天皇陛下の皇女でいらっしゃる
東久邇聡子さま(元の聡子内親王さま、第43代内閣総理大臣・東久邇宮稔彦王のご夫人)
がお務めになられました。

奉賛会の主な活動

2月 伊勢参宮研修旅行
(一泊二日)
伊勢の神宮で特別大々神楽を奉納し、御垣内での特別参拝を執り行います。
また帰路において神社正式参拝や名勝の見学を行います。
9月 納涼会 総会の後に懇親会を行います。
10月 日帰り研修旅行 関東近郊の大社・古社を正式参拝し、周辺の名勝・旧跡を訪れます。
12月 餅つき大会 境内で餅つきを行い、お子様や参拝者に振舞います。
3月・9月 神道研修講座 神社神道に関するテーマで講義を行います。講師は当宮神職あるいは外部の識者が勤めます。

奉賛会は、年会費5,000円(法人会員は10,000円)で当宮を崇敬される方であれば、どなたでもお入り頂けます。
ご関心をお持ちの方は、当宮までお問い合わせ下さい。

※各旅行および納涼会には、別途参加費が必要になります。